トイレがつまってしまうと大変です

トイレつまりの原因がトイレットペーパーの場合の流し方

トイレつまりの原因がトイレットペーパーの場合の流し方 トイレのつまりが大量のトイレットペーパーを流してしまったことによるものであれば、家庭にあるラバーカップを使うのが一般的な方法です。
ラバーカップを使って水流を起こしてつまっている塊の形を変化させたり、水を押し込むことで無理やり奥へ流し込む方法です。
しかしながら、ラバーカップの形によっては上手く使いこなせないこともあり、そのような場合はお湯を注いでトイレットペーパーをより溶けやすくするやり方もあります。
溶けて細かくなった状態で再度ラバーカップを使うと、大抵の場合はゴボゴボと音を立てて流れて行きます。
ただし、お湯の温度は50℃前後にします。
熱湯では陶器でできている便器が割れてしまうこともありますので注意しましょう。
一人暮らしなどでラバーカップを持ち合わせていない場合は、バケツとお湯で解消できます。
まず便器内の水をできるだけ取り除きます。
それからバケツで水を流しますが、水でだめならお湯を用います。
流し方はある程度高いところから細い滝のように排水口に向けてピンポイントで流します。
トイレ内に水が跳ねる可能性が高いので、あらかじめ新聞を敷いておいたりビニールで保護しておきます。
これでもし解消しなければ、時間を置いてからもう一度流しましょう。

トイレのつまりでトイレットペーパーが流れない時の流し方

トイレのつまりでトイレットペーパーが流れない時の流し方文 トイレのつまりが起きてしまいトイレットペーパーがどうしても流れない時の流し方があります。
その方法となるのが、お風呂よりも熱い40度から50度ぐらいのお湯を用意して流してみるのです。
用意する量は4リットルほどになりまして、その他にも重曹とお酢を用意してください。
まず初めに一度トイレに溜まっている水をバケツなどを使ってとっておき、そこに1リットルほどお湯を入れて1時間ほど放置します。
それから水たまりに、重曹とお酢を入れて泡を作りまして、つまった原因であるトイレットペーパーなどをふやかして流れやすい状況にして、残りのもので流してみると良いでしょう。
また勢いよく水を流すことが大事になりますので便器の他の部分に当たらないようにして、排水口にめがけて一気に流してあげるのもポイントの一つです。
勢いを良くするためには高い場所から水を流すのも有効的であり、その場合も水たまりがあると跳ねてしまいますので、水たまりの量を減らしておいた方が良いです。

新着情報

◎2018/12/18

排泄物がつまった場合
の情報を更新しました。

◎2018/9/27

つまりの原因、排泄物
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「トイレ 流し方」
に関連するツイート
Twitter